こんにちは、

今日も暑いですね。
皆さんはどうやって会社や、学校に通勤していますか?
ほとんどの方は電車なのではないでしょうか。
朝と夕方のラッシュアワーの満員電車、
きついですよねー

電車1両の定員数って考えたことがありますか?
今では違うのかもしれませんが、満員電車
昔は駅員さんがぎゅうぎゅうに人を押し込んでいましたね。
あれだけ押し込んでいる電車にそもそも定員数という概念は
存在しているのでしょうか?

調べてみると、自動車、飛行機は
「これ以上乗ると危険!」という保安定員があり、
電車には保安定員ではなく、サービス定員があるそうです。
サービス定員は、「通常の運行に支障のない定員」です。
つまり、電車が壊れるほど乗らない限り何人でもOK!というわけです。
安全性を完全に切り捨てて、便利さを極限まで追求した結果です。

では、電車は壊れないとして、電車一両には何人ほど乗れるのでしょう?
東日本旅客鉄道株式会社によると、
実験の結果、386人以上はどうやったって乗り込めないそうです。
でも、これはギネスを狙わない限り出ない数字で、
通常の満員電車には山手線のマックス状態でも、
200人ほどしか乗ってません。
それでも昔の「駅員ぎゅうぎゅう押し込むよ」時期では
300人ほど乗れていたそうです。
そう考えると、386人って、ほんと、どうやって乗ったんでしょうね。

というわけで、電車には定員数というものは存在しませんでした。
僕みたいに満員電車が耐えられない人は、
ラッシュアワーをさけて、出勤しましょうー

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031