こんにちは。

近年、日本食の海外進出が活発ですが、いまロンドンで日本のラーメンがブームになっているそうです。
きっかけは2年前、2012年に大阪の堺に本店を構える塩ラーメンの「龍旗信」が「麺屋一点張」として市内ピカデリー・サーカスに進出したことでした。
その後、ロンドン三越のレストラン内ラーメンバー開店から「昇竜」「Tonkotsu」「ボーン・ダディーズ」など、とんこつを看板商品にする店の出店が続々と続き、ロンドンのラーメンといえばとんこつ、というイメージが定着しました。
この最初の盛り上がりのあと、ロンドン三越の閉店によって休業となった三越ラーメンバーは、改めてソーホー地区に「麺屋佐助」となって再開店します。
佐助はロンドンでは珍しかったつけ麺を売り出し、それによってとんこつ以外の多様なラーメンがロンドンでも味わえるようになりました。

また、このラーメンブームの盛り上げ役は日系企業だけではありません。
ロンドンでこれだけラーメンが流行っている理由はもう一つ、現地のシェフもラーメン作りに参加し始めたことが挙げられます。
こういったシェフのラーメンは日本の味をそのまま再現するのではなく、それをベースにしつつオリジナリティを加えておりかつ日本人の口にも合うものとなっています。

日本語の看板がロンドンに並んでいるのもなんだか不思議な感じがしますが、日本で食べるものとはまた違った味を試してみたいですね。

上場企業ではその他飲食店業界のラーメン部門にJBイレブンなど10社が所属していますが、残念ながらロンドンに出店しているところはないようでした。
しかしこれからさらに日系企業のロンドン進出が進んでいくだろうと思いますので、これらの企業も出店するかもしれませんね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031