こんにちは。

本日はホームセンターについてお話します。

ホームセンターとは、主に日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売している小売業です。

誰もが郊外などで、広々とした駐車場がある巨大なホームセンターを見かけたことがあるんではないでしょうか。都内では東急ハンズをよく見かけますね。

私自身も幼い頃によくホームセンターに連れて行ってもらった経験があり、アメリカの映画に出てくるような、様々な種類の雑貨や家具が大量に売られている店内によく胸を躍らせていました。

ホームセンターが日本で最初に誕生したのが1969年でして、最初は島根県にアメリカを参考にしたロードサイド型店舗が生まれました。家具を中心に商品があり、ホームセンターにはまた当時は珍しかった外車も並べられていたようです。

さて前置きが長くなりましたが、実は先月、私の実家がある九州に帰郷した際に人口3000人しかいない町にあるホームセンターが出来ていました。

過疎化、少子高齢化が起こっている地域になぜ出店したのか、大変気になってそのホームセンターを調べました。

そのホームセンターを取り扱う会社は株式会社コメリ。東京証券取引所第一部に上場している大手のホームセンターです。
農業、園芸資材の取り扱いに強みをもっており、なんと全国に1128店舗を構えています。(2013年7月)
この店舗数は国内最多を誇っており、ホームセンター店舗数第2位のDCMホールディングス(514店舗)の2倍をも数です。

しかしなぜこんなにも店舗が多いのか?その理由は店舗形態にあるようでした。

実はコメリが出店している店舗は、一般的なホームセンターの3分の1程度の売り場で、DIY用品(日曜大工用品)と農業用品に特価された商品が売られています。
ターゲットが都市住人ではなく農家向けであり、商圏の農業従事人口が1万人程度であれば出店可能と判断しているそうです。

このような店舗形態が生まれた背景に、小売り業界では2000年にはいり大規模小売店舗立地法があります。大型のショッピングセンターによりシャッター商店街が起きないような店舗出店における規制が始まりました。その結果、コメリをはじめ各小売り企業は様々な戦略を考えました。

・農業や工務店向けの業務需要を取り込む
・地価の下がった都市部への出店
・農村部への出店が可能な小型店舗の開発
・100円ショップをテナントとして導入して雑貨を任せることで、DYI,BIY,SIYに特化する
・生鮮食料品を取り扱うスーパーセンターになる
・1,000m²を少し下回る小型店の展開と、10,000m²を超える大型店の展開の併用

その結果として、現在色々な形態のホームセンターが誕生し、立地における戦略も多様であるんですね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930