こんにちは。hikaru です。

1977 年に打ち上げられたボイジャー 1 号は、
現在太陽から 180 億 km の所まできています。
そろそろ太陽系外だそうですが、
まだ、磁力線の方向は変わっていないそうです。
(系外にでると磁力線の向きが変わるそうです。)

さて今日は、久々の宇宙に関わる企業シリーズです。

宇部興産株式会社は総合化学業界のひとつで、
kmonos だと 7 位に位置しています。

宇部興産は、人工衛星の
サーマルブランケット (多層断熱材) の製造にかかわっています。
人工衛星によく金色のフィルムのようなものが
巻かれていますが、アレです。

ポリイミドフィルムに銀やアルミをコーティングして鏡を作り、
間に薄い断熱剤をはさみながら、
10 層から 20 層に重ねあわせて作ります。

過去にも何度か書きましたが、宇宙空間は過酷です。
太陽からの距離にもよりますが、
人工衛星の太陽のあたる面は 100℃ 以上になり、
その裏側は -100℃ 以下になります。

こうした温度差から人工衛星を守るのが
サーマルブランケットなのです。

宇部興産は、サーマルブランケットにも使われている
ポリイミドで高いシェアを持っている他、
アンモニアの国内シェアトップ、
ナイロン・ナイロンの材料共に、アジアトップのシェアを持っています。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930