» サービスのブログ記事

こんにちは。

昨日、利益率が高い会社というブログを書きましたが、
利益率が高い業界というのも存在します。

現代では何と言ってもIT業界。なかでもとりわけソーシャルゲーム業界ですね。
例えば前期のグリーの経常利益率は50%を超えています。

今日は2009年の経常利益率が40%を超えた大阪のIT企業、
eBASE(イーベース)株式会社をご紹介します。

イーベース、という名前を聞くと、ITに詳しい方なら、データベース構築を
やる会社かな、と思うかもしれませんね。
大体そんな感じで、社名と同じ「eBASE」という、商品のサイズや特徴やロゴや、
販売のために必要なデータをまとめておけるデータベースのパッケージソフトを
販売している会社なのです。
確かに、商品やサービスのデジタルデータを何度も作って送ってるなー
とか、思い当たる節がありますよね……。こういう時間や労力がへるなら嬉しいという方、
多いのではないでしょうか。
サービス利用者も着々と増えていて、eBASEサービスの総利用者は
2011年9月には70000人を超えたのだそう。

そんなeBASE株式会社の理念がかっこよいです。

以下、公式ウェブサイトから抜粋させていただきました。

”貢献なくして利益なし
利益なくして継続なし
継続なくして貢献なし

社会から求められ、賛同を得られるサービスでないと利益を得ることはできない。
利益を上げないと、そのサービスを継続し成長させていくことはできない。
結果的に、継続した成長を提供できるサービスでないと社会貢献ができない。”

それでは、連休後に!

こんにちは。

今日は天気が悪くて肌寒く、明日はすごく暑くなるといううわさで、
これが季節の変わり目の三寒四温(さんかんしおん)かねー、なんて
話をしました。

さて今日ご紹介するのは株式会社アスカネット
ネットに関係する企業かな?と思ったら、冠婚葬祭業界に属しているようで
???と思ったので、公式サイトを見てみました。

もともとは飛鳥写真館という、写真撮影の会社を営んでいた同社、
同業他社に先駆け、いち早く写真のデジタル化に取り組み、さまざまな実験や
チャレンジを行ってきたことで、独自のビジネスモデルや製品・サービス展開
することができたのだそうです。
それにしても、広島という、一地方都市で撮影スタジオを営んでいた
企業が上場するってすごいことですよね。

現在の主な事業は、なんと遺影の製作、管理なのだそうです。
それで冠婚葬祭業界なのですね。
日本人はなぜか、スナップ写真は良く撮るけれど、意外と一人で
写っているポートレートなどは少ないのだとか。
うーん、確かにそうかも。
だから、アスカネットでは、小さく写っているスナップ写真を拡大、
加工し、少しでも美しい遺影の製作をするそうなのですが、
やっぱりどうしても限界もあります。
そこで、普段から少し遺影のことも意識し、いい写真があったら
アスカネットに預けることで、もしものときにあわてずに済む、
自分の気に入っている1枚を遺影にしてもらえる、といった
安心感を得ることができます。
詳しくはアスカネットの、「遺影バンク」というサイトをご覧ください。

ほんと、私も今死んだらいい写真がなくて困っちゃうこと必至なので、
少し考えてみたいと思います。

こんばんは~諭吉です。
今朝は大変でしたね~雪が凄くて。。
電車は大幅に遅れていました。

こんなに寒い日はなるべく出かけずに買い物を
したいですよね。
少し無理やりな繋ぎ方ですが、今日話題にする
RHトラベラー株式会社は旅行先のお土産品を
ギフトランド(外部リンク)を通して、ネット購入
することが出来るサービスを行っています。

国内はもちろんのこと、なんと海外の商品も
取り揃えているから驚きです。

このサービスを利用すれば、お歳暮や贈り物をしたい時に
役立ちますね!!

時間も時間ですし、ギフトランド(外部リンク)を見ていたら
お腹が空いてきました。

では、今日はこのへんで。
また明日~

みなさんこんばんは
昨日チケット確保したライヴが楽しみでしかたないindigoです♪

「e+」でチケット予約して昨日初めて気づいたんですけど、
「e+」って「エンタテイメントプラス」の略だったんですね。

株式会社エンタテイメントプラスはネット販売に特化したチケット販売をしています。
もともとセゾングループの子会社だったのですが
今ではソニー・ミュージックエンタテイメントの子会社になります。
ちなみにクレディセゾンも関連会社に当たります。

毎年売り上げを約10%拡大してるすごく波に乗っている企業です!!
ライブエンタテイメント市場自体が拡大している中
業界最大級のチケット販売サイト「イープラス」を運営していて
すでに会員は750万人を超えています。

チケットの購入方法も株式会社ファミリーマートさんと業務提携することによって
マルチメディア端末「Famiポート」での販売が可能になりました。

その他にもセブンイレブンと提携しておりこの2つのコンビニでもチケットの支払いが可能になります。

業界初のプレオーダーシステムを導入したり、
直前公演の安くなったチケット販売をする「得チケ」サービスを始めたり・・・
いろんなサービスをお客さん視点で提供しているので
会員も増えるし、売り上げものびてるんだなと思いましたー

私も750万分の1人w
早くチケット引き換えに行かなきゃです!
ではでは~

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031