こんにちは。

今日は、スマートホームの話をします。スマートホームとは、「IoTやAIなどの技術を駆使して、住む人にとってより安全、安心、快適な暮らしを実現する住宅」のことで、近年のIoT普及とともに需要が高まってきた IoT × 不動産の分野です。

最近では、東急不動産ホールディングスを含む東急グループ5社が「Ready for IoT」というキーワードのもと、新たな住まいづくりを始める、というニュースがありました。未来の暮らしのために住宅をスマートホーム対応に準備しておく、という意味だそうで、従来の住宅にありがちなコンセントの不足、タコ足配線、無線LANなどの電波が届かない、などの機器の設置条件の制約を解消し、スマート家電などに対応した環境を整備します。最近のスマートホームズ事情は、家の中を外出先からでも確認できることで介護や育児の負担軽減、家電の音声操作による利便性の向上などにより、よりよい健康状態を目指すことが期待されています。まずは、コンセント数の充足やWi-Fiの届きやすい家造りなどから始めていくようです。

一般的な家庭のコンセント数は確かに現代の生活には少ないように思います。壁のコンセント周りをいじるには資格が必要だそうで、もともと多く配置されてるのはかなり需要が高まります。ルーターやらパソコンやらのIT機器周辺は特にタコ足になりやすいですが、こういった取り組みは副次的にそういったリスクを減らすことにも繋がりそうです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31