こんにちは。

本日は、ヤマトホールディングス株式会社についてご紹介させていただきます。

ヤマトホールディングスは、ヤマト運輸を中心にグループ体制を敷いていましたが、分社化と再編を進め、主力の宅配事業を中核に6つの事業部門ごとに子会社化した持株会社です。
以下が7つの事業と主な企業です。
・デリバー事業
グループの中核事業であるヤマト運輸株式会社。普段お世話になっている会社ですね。
最近では、LINEやyahoo!JAPANアプリと提携して再配達の防止に取り組んでいるのが話題になっています。
・BIZ-ロジ事業
海外引越業務や美術品輸送業務、ロジスティクス業務などを事業とするヤマトロジスティクス株式会社。
・ホームコンビニエンス事業
引っ越し事業のヤマトホームコンビニエンス株式会社。
単身パックなど一人暮らしには有難い引っ越しプランなど充実サービスを行っています。私もお世話になりました。
・e-ビジネス事業
コンピューターシステムに関連した業務を主に行うが、倉庫業や貨物利用運送事業者、個物商などの業務も行うヤマトシステム開発株式会社。
・フィナンシャル事業
宅急便コレクトの決済代行業や集金代行業を行うヤマトフィナンシャル株式会社。
・トラックメンテナンス事業
車両整備・管理やロールボックスパレット(かご台車)の販売・メンテナンスなどを行うヤマトオートワークス株式会社。
その他の事業として、幹線集約輸送を担う他、JITBOXチャーター便の集配・輸送などを展開するボックスチャーター事業を取り扱うヤマトボックスチャーター株式会社などがあります。

普段からお世話になっているヤマト運輸のほかに様々なサービスを展開していることが分かり、改めてヤマトグループが宅配便のシェアNo.1である根底を知ることが出来ました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31