こんにちは。

本日は、マミヤ・オーピー株式会社をご紹介します。

マミヤ・オーピーは、
電子機器事業部門・スポーツ事業部門に分かれて事業展開しており
電子機器事業部門では主にパチンコのメダル払い出し機器や
紙幣払い出し・識別機器等のパチンコ関連の機器を作っております。
スポーツ事業部門は、キャスコ株式会社というグループ会社で
事業を行っておりゴルフ用品の企画、開発、製造、販売を行っています。
これ等の事業の売り上げは、電子機器部門がスポーツ事業部門の倍の
売り上げ利益を出しています。
しかし、若年層のパチンコ離れやホール数や遊戯機器台数の低下により
売り上げは低下していっているようです。

そんな中で新たな取り組みとして「I-GINS®」という自律走行システム
を開発しており現在実運用テストがされているそうです。
「I-GINS®」というシステムでは、高精度のGPSと慣性航法システムにより
ゴルフ場や農作業機械を誘導し作業させることができるようになります。
慣性航法システムとは、潜水艦・航空機などに搭載されている
位置や速度を算出するセンサーです。
「I-GINS®」が実用化され市場に出れば、芝刈りロボットのみならず
農薬散布車・除雪・農業機械等が自動で運転できるようになります。
芝刈り機にとどまらず農業ロボットによる農作業で衰退している
日本の農業の活性化に繋がっていってほしいと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031