こんにちは。

 昨年度の調査では日本のスマートフォン普及率は
5割強くらいでした。これが多いか少ないかは置いておいて、
スマホは巨大な市場として無視できない存在にまで
成長したということですね。このスマホですが
もっとも重要と言っても過言ではない液晶部分を
製造している会社をご存知ですか?
 今日本で一番大きな液晶パネルの会社は
株式会社ジャパンディスプレイですが、
本日ご紹介するのはそんな液晶のコスト低減と
品質向上に貢献する装置で世界シェアNo.1を
誇る株式会社ブイ・テクノロジーです。
さあ一体どんな企業なのでしょうか。

◉ブイ・テクノロジーという会社
 ブイ・テクノロジーは神奈川県横浜市に本社を置く
設立18年目の比較的若い企業です。液晶などの
工業製品の会社というともっと老舗なイメージが
ありましたがこれは意外です。
 2010年にはアジア太平洋Technology Fast500選に
認定されています。これはテクノロジー、メディア、通信業界の
企業を過去3年間の収益(売上高)成長率でランキングし
表彰する世界規模のプログラムです。
 これに認定されるということは世界的に見ても
とても名誉があり、実績を証明されているということですね。

◉シナジー
 フラットパネルディスプレイという薄型の液晶ディスプレイを
開発しているブイ・テクノロジーですが、その技術を活かして
太陽光パネルやLED関連の製品も研究、開発しています。
液晶の質の向上と太陽光パネルの質の向上が図れれば
大きなディスプレイを省エネルギーな状態で運用する
ことが可能になりますね。

 最終的に消費者の目に触れるわけではないものの、
今のデジタル産業を支えて、ひいては人々のデジタルライフを
支える企業は、技術力とエネルギー問題への広い視野を
兼ね備えた企業でした。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31