» 2021 » 9月 » 10のブログ記事

こんにちは。

服や靴などはデザインが変わっていると気になって欲しくなるタイプですが、靴下はシンプルな黒以外はあんまり買ったことがありません。

今回は靴下を専門に取り扱っているタビオ株式会社を紹介したいと思います。

タビオ株式会社では靴下を専門的に取り扱っているだけあってデザイン性が良いものや運動時などの機能性が良いものまで幅広くそろえられています。

中でもサスティナブルな機能性靴下というものをが気になったので調べてみました。

どのようにサスティナブルを達成しているかと言いますと、素材に余剰バイオマスであるトリポーラスを使用しているんだそうです。

トリポーラスの原料である米のもみ殻は日本で約200万トン、世界では年間1億トンも排出されているようで、これをリサイクルすることにより循環のシステムができているそうです。

さらにトリポーラスからできる繊維はかなりの消臭効果があるようなので自分でも購入してみたいです。

暮らしを支える農薬

| 小ネタ! |

最近趣味で植物を育てているのですが、屋外で管理している物については毎日注意深く見ておかないとすぐに虫がついたり病気になってしまいます。
学生時代農学部に所属していたにもかかわらず、実際に農作物を育てる経験はほぼしていないので割と頻繁に失敗して悔しい思いをします。

個人レベルで育てているだけでも難しいのですが、ひとつの種類の植物を大量に育てる、というのは病害虫が発生するリスクが格段に上がるためはるかに難しいです。
特に病気や虫に弱いモモやリンゴなどは、なにも対処せずに育てるとまともな品質の果実がひとつもとれない、というようなことがしばしばあるそうです。

農家さんがとれる対処法はいくつかあるのですが、中でも一番簡便で効果があるのが農薬をまくことです。
一昔前の農薬は生態系への影響があまり考慮されておらず多くの悪影響が取り沙汰されたため、今でもあまりいいイメージを抱いている人は消費者の中には少ないのではないでしょうか?

現在はその点が見直され、極めて厳しい試験を通過し、できるだけ特定の病原菌、害虫にだけピンポイントで効果を発揮するような薬品のみが販売されています。

日本国内で農薬の売上がトップの企業は住友化学株式会社で、国内シェアの50%を占めています。
農薬の開発にはきわめて長い時間がかかるため、知識とノウハウの蓄積が重要となるのですが、住友化学は1915年創業と100年を超える歴史があり、大きな強みとなっています。
人口増加や気候の変動に伴い農作物の安定的な生産は世界レベルの課題となることが予想されますが、住友化学を含む農薬会社の存在はますます重要なものとなっていくのではないでしょうか。

ちなみに先日購入した園芸用の害虫駆除スプレーも住友化学の製品でした。
おかげさまでダニから植物を救うことができました。その節は誠にありがとうございました。

高校時代の友達とカラオケに行ったとき、必ず誰かがいすゞ自動車のCMソングを歌います。

AメロBメロは入力した人が歌い、サビは参加者全員で合唱する、というのがお決まりです。

そんないすゞ自動車のCMソングですが、初めて使用されたのは2004年。当時は業績を回復させている途中でなかなか予算が取れない中のCM 制作だったそうです。それを逆手に取り、なんども同じ曲を使いまわすことで、いすゞといえばこの曲、というブランディングに成功したそうです。

今は終了していますが、希望者にはフルバージョンを収録したCD の配布を行っていたようです。持っている人はプレミアものかもしれませんね。

フルバージョンを聴いてみたい、という方は、いすゞ自動車の公式ホームページからMP3音源をダウンロードできるようなので、ぜひアクセスしてみてください。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930