こんばんは!!諭吉です。

今日も寒いですね。。
こんなに寒い日が続くと自動販売機やコンビニで
温かい飲み物を買ってしまいますよね。

皆さんは何を買われますか?
僕は大体コーヒーかお茶を買います。

今回のテーマはお茶なので、お茶について書いて
いきたいと思います。

株式会社伊藤園の「お~い、お茶」のホット版が出るまでの
経緯をご紹介したいと思います。
その背景とは、当時のホット製品は缶が主流だったそうですが、
熱すぎてしまうという点と、一度開けると飲み切らなければ
ならないといったデメリットがあったそうです。
そこで開発されたのがホット専用のペットボトルでした。

樹脂でできたペットボトルは目でみることが
できないほど小さな分子が酸素を通しているそうです。
このままだとせっかくの香りと味が台無しになってしまいます。

この問題を解決すべく改良を重ねた結果、酸素の通過料は
通常のペットボトルの約1/8まで下げることが出来たそうです。

ちなみに株式会社伊藤園の由来は、創業当時にフロンティア製茶という
名称だったそうですが、上野で商いをしていた「伊藤園」が
店をたたんでしまう際にのれんを譲ってもらった経緯から
現在の社名になったそうです。

では、今日はこのへんで。
また明日!!

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930