脳は大きく分けると表面側から大脳新皮質、大脳辺縁系、脳幹に分類されます。大脳新皮質は知性を、大脳辺縁系は感情を、脳幹は生命維持を司るとされ、内側の根源的な部分をより高度な部分が覆うような形になっています。

さて、人間の感覚は大きく5つに分類され、五感と呼ばれます。視覚、聴覚、触覚、味覚の4つはまず大脳新皮質で処理されるのですが、唯一嗅覚だけは大脳辺縁系に直接伝わるんだそうです。ということは、どうやら香りは私たちの解釈の影響を受けず、直接感情を刺激してくれそうです。一説によると、危険な食べ物や化学物質をすぐさま検知して避けられるように、嗅覚を脳の内側で処理しているんだとか。

そんな風に私たちの本能に働きかけてくる香りをコントロールすることは、実は私たちの想像よりも遥かに影響が大きいことなのかもしれません。そう聞くと香料メーカーに興味がわいてきませんか。

日本における香料市場のシェア第一位は高砂香料株式会社です。高砂香料は合成香料の製造を本業とした日本初の企業で、2020年で創業100周年を迎えました。食品メーカーや日用品メーカー、化粧品メーカー、製薬メーカーなど多岐に渡る業界の企業約1500社と取引をしており、回りをざっと見渡しただけでもきっと高砂香料が関わる商品が見つかるはずです。

もし高砂香料をはじめとする香料メーカーが無かったら、歯磨き後や手洗い後の清涼感はありませんし、洗濯物やシャンプーの良い香りもありません。ジュースや冷凍食品、カップ麺だって今ほど美味しくないでしょう。そんな風に至る所で私たちの生活を支えてくれている高砂香料が私たちの感情や行動に与えている影響は計り知れません。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829