Mountain Ocean Sun

| グルメ, 小ネタ! |

こんにちは。11月も今日で終わり来月で一年も終わりということですが、自分の体感としてはそこまであっという間でもなかったなという実感でした。毎日24時間分しっかり過ごしている気がしかなり歯ごたえのある日々でした。ところで昨日は「いい肉の日」だったらしくそれにちなんで日頃と少し異なるサービスをしていたお店もあるようでした。今回取り上げる企業もその一つです。株式会社モスフードサービスをご紹介します。
株式会社モスフードサービスは1972年3月東武東上線成増に実験店がオープンされたのをその始まりとします。同年6月にはモスバーガー1号店「成増店」が開店、7月に株式会社モス・フード・サービスが正式に設立されました。MOSという名前には、Mountain「山のように気高く堂々と」Ocean「海のように深く広い心で」Sun「太陽のように燃え尽きることのない情熱を持って」という意味が込められているそうで、私のモスバーガーに対して勝手に抱いているさわやかで涼しげなイメージにぴったりだとまず思いました。創業者の櫻田慧代表取締役が自ら命名したMOSはその後急激な成長を遂げ、1989年には800店舗目をオープンするなど、名実ともに日本を代表するファーストフード店となりました。現在は国内にとどまらず、台湾:243店舗、香港:18店舗、インドネシア2店舗、シンガポール:30店舗、韓国 :13店舗、タイ:4店舗、中国:14店舗、オーストラリア:6店舗の合計330店舗が海外で営業中です。特に台湾では、日本の外食産業と言えばMOSというように受容されている様子で1991年以来、台湾産の野菜をふんだんに盛り込んだ商品が人々の心をとらえ続けています。
創業者の櫻田慧さんは生前以下のような言葉を残したそうです。
「本当においしいものを提供すれば、一等地でなくともお客さまは来てくれる。」
「人間って素晴らしい。生きてるって素晴らしいという気持ちをお届けし続けることが私たちの大きな使命です。ひとつひとつ丁寧に最高の商品を届けようという気持ちを込めてお客さまに提供していこう。」
このような創業者の精神を受け継ぐ人々が企業を運営しているからこそ人気が衰えることがないのだと今回思いましたし、スタートの時点で明確な指針が提示されていたことが株式会社モスフードサービス急成長の源だったのではないかと考えています。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031