桜護謨株式会社

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は、ゴム製品や金属部品を製造している
櫻護謨株式会社をご紹介します。

主な事業内容は、航空・宇宙機器用高性能ゴム、
金属部品の製造を行っている会社です。
ゴムという社名を見ると、ゴムの専業会社のようですが
金属部品や工業用設備部品等、様々な製造事業を展開する
総合メーカーとして発展を遂げています。
桜護謨は、航空自衛隊やボーイング社という
世界最大の民間機および軍用機メーカーの認定工場であり
航空機の機器製造メーカーとして信頼されています。
航空機以外にも桜護謨の製品の信頼は高く
消防士が使う消防用のホース等も製造されており
桜護謨の品質の高さが見えます。

どのように製造技術を得て信頼される企業になるのか
気になるところですね。
1954年には、航空機用ホースならびにゴム部品に対する
航空事業法による運輸大臣仕様承認書の交付を受けており
早い時期から世間に製品が認められていたようですね。
1918年創業で、戦時中あ軍需工場として製造を行っていたという歴史も
信頼がおける理由にもなっていたのかもしれませんね。
また、アメリカにあるカークヒル・ラバー社やレジストフレックス社
といった会社との連携を取って開発を行い国外との協力で
技術力を高める動きを1960年代から行っていました。
このように、早い時期から技術を高める動きがあり
信頼される企業へと成長し、ゴム製品のみならず
一大総合メーカーとして発展していった様です。
沿革を中心に会社の発展を見ていきましたが
沿革には載っていないもっと色々なことが信頼への道に
繋がっていたのかもしれません。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031