高層ビルのカーテンウォール

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は、建築業界に属する
高橋カーテンウォール工業株式会社をご紹介します。

まず社名であり主な事業内容である
カーテンウォールについて説明を見ていきましょう。

カーテンウォールとは、建築構造上取り外し可能な壁
であり、建物の自重・荷重は、柱・梁・屋根などで支え
建物の荷重を直接負担しない壁の事です。
さて、なぜこのような壁が建物の荷重を支えないという
聞こえ方によっては脆い建物の様な作りがあるのかというと
高層ビルの建築の為です。
高層ビルはその高さゆえに壁自体の自重にも気を配らないと
建物のしなりやゆがみ・地震の際の壁面の変形によるガラス
が割れる等の問題が生まれてしまいます。これらの問題の影響
を小さくする事が出来るのがカーテンウォールという構造なのです。

では、高橋カーテンウォール工業が取り扱っている
PCカーテンウォールというものを簡単に見ていきましょう。
まずPCというのはプレッキャスコンクリートの事で、あらかじめ
工場で制作された鉄筋コンクリート部材の事を指します。
このあらかじめというのが大きいようで、計画的に工場で製造できる
周囲に作業用足場が必要なく室内から作業可能等コストダウンと工期の短縮
が同時に見込める優れたものです。
壁が建物の自重の支えを主としないというのは意外でした。
高層ビルは、その高さゆえ壁への負担はすさまじいものがあると思いますが
それを柱など分散するのではなく壁自体を支えに使わなくなぜ何10Mもある
建物の自重を支えられるのか不思議です。
できれば、今度は高層ビルの建築会社と一緒に調べてみたいですね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031