音の商標登録?

| 小ネタ! |

こんにちは。

皆様新年度を迎え、新しい環境に身を置く方も多いことと思います。
歓迎会に誘われた、という方も多いのではないでしょうか。
歓迎会といえば何か一発芸をやる、という方もいらっしゃるかと思います。

そんな一発芸にも商標登録できる時代がやってきました。      
参考資料
Yahoo!ニュースによると、特許庁は2015年4月1日から、
音、色彩、動きなどの商標登録の受付を開始しています。(引用元記事)

この新制度により、今まで商標登録することができなかった
音や色などの形のないものの権利を保証することができるようになりました。

この制度の発表を受け、有名企業も続々と登録を申請しています。
製薬会社である久光製薬久光はCMの効果音である「ヒサミツ」という音を、
正露丸で有名な大幸薬品は同製品のCMで用いられているラッパの効果音の商標登録を申請しています。

音の商標登録は欧米諸国で既に存在していた制度のため、
既に欧米で音の登録を申請していた上でさらに日本でも申請するという企業もあります。
申請の数は4月1日の段階で170件を超えており、
音の商標という新しい制度はこれからどんどんとメジャーになっていくと思われます。

音や色という形のないものでもインパクトの強いものであれば、
権利を守ることによってビジネスチャンスになりうるということですね!
デザインの市場に新たな風を吹き込む制度なのではないでしょうか。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930