こんにちは。

私が以前ある問題解決型のインターンに参加した時に

「人が来なくなった観光地に図書館を作ってください。」
というお題に対して

「観光地に行くまでの電車に、その観光地の本などを置いた図書館の車両をつくる」
という、アイディアを出した人がいました。

観光地に行く時間がとても魅力的で、観光地に人気がでそうな案だと想像できて
とても秀逸だなと感じました。

しかし実際にも図書館ではありませんが電車に乗っている時間を楽しむ魅力的な車両を
つくった会社があります。まずはJP九州の「ななつ星in九州」
この列車は、九州各地を巡り、自然・食・温泉・歴史などを楽しむことを目的とした
観光寝台列車です。

とても興味がありますが豪華観光列車と言われ料金が
1泊2日で15万〜40万、3泊4日で38万〜95万円
と非常に高いです。

そして今月の21日にJR西日本より、2017年に運行する豪華寝台列車の概要が発表されました。
日本海や瀬戸内海を走り、最上級の客室は1両1室。
コースは1泊2日や2泊3日、ルートは大阪駅、京都駅を出発して下関まで行き関西に戻ってくるそうです。

こちらもとても高級なイメージですが、「ななつ星in九州」よりはリーズナブルな値段設定を
検討しているそうです。

こんなに高級だとどんな旅なのか興味がそそられます。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031