こんにちは。

今日は先物取引業界についてご紹介したいと思います。
先物取引とは何かといいますと、
金やすず、とうもろこしなど日によって価格が変動する
品を買って、未来への投資を保証することを言います。
商品の価格が変わることによって
買った時の値段より儲けが取れるか、損をしてしまうかは
市場動向の把握が重要ですが自身が持つ勘や運も
関係しそうです。
実際に手元に金やすずが置かれるわけではなく、取引は
紙面や電子上で行われます。
現物を手元に置くことなく、紙面や電子上での取引
なので、市場よりも大規模な取引が可能です。
もちろんメリットデメリットはあります。

商品先物取引業界はこの取引の仲介を行います。
市場動向を誰よりも理解するとともに、顧客との信頼関係も
得なければならないお仕事のようです。
以前この業界に勤めていらっしゃる方にお話を伺う機会が
ありましたが、とても頭がよく勘の鋭い方でした。
毎朝の日経新聞の購読、経済系の学術論文のチェックはかかせないそうですよ。
先物取引業界で代表される企業には第一商品岡藤ホールディングス
豊商事などがあります。

宝くじが当たったらやってみたいです。。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031