» 製品のブログ記事

お~いお茶

| 製品, 小ネタ! |

こんにちは。
今年も11月に差し掛かり秋も真っ盛りといった今日この頃、今日は秋らしい話題を取り上げたいと思います。今回ご紹介するのは、渋谷に本社を構える株式会社伊藤園です。
伊藤園は、1966年にフロンティア製茶株式会社として静岡市神明町で立ち上げられ、1969年に伊藤園へと社名を変更しました。緑茶、野菜ジュース、コーヒーなどの飲料水を主力の商品として販売しており、その子会社はエビアンなどの海外の飲料水の販売なども手掛けているようです。伊藤園の手掛ける飲料を飲んだことのない人の方が少ないと思えるほど、国内での存在感は大きいと感じます。
そんな数多くの飲料水の中で私が注目したいのは、かの有名な「お~いお茶」です。最初に販売されたのは1968年。当時はまだ「お~いお茶」というのはテレビCM内でのフレーズでしかなく商品名ではなかったといいます。商品名が現在のものに落ち着いたのは1989年で、翌1990年には世界初のペットボトル入り緑茶飲料の販売を開始。2006年には累計販売本数が100億本を超え、その後も順調に販売本数を伸ばしていき、2009年には累計販売本数が150億本を越えたということです。
さて、このような比類なき販売実績を支えているのは、一年を通し安定的に供給される茶葉の存在だということは言うまでもありません。これを可能にしているのは、オーストラリアはビクトリア州に設けられた「ITO EN AUSTRALIA PTY. LIMITED」という茶葉育成場です。地理的に日本の真逆にあるオーストラリアは日本と季節も真逆であり、日本と気候も似ているそう。国土も広大で、正に茶葉の育成に最適の環境が整備されているわけです。そこで生産された茶葉は、オーストラリア産の茶葉として主にアメリカの顧客向けのお茶の生産に消費されており、なるほど、確かにアメリカの一部の人たちの間で緑茶ブームがあるとかないとかといったニュースを聞いた覚えもありました。そういった健康志向の人たちに受け入れられる伊藤園のお茶は、やはりクオリティも相当高いのだろうと思うに難くはありません。そんなお茶を日常的に利用できることは、とても価値があることなのだなと嬉しい驚きを感じました。
それでは最後に、今日のお~いお茶新俳句大賞を紹介したいと思います。

「なべのなか 大根コポコポ おどってる」岡山県 南翔太さん 11歳

それではこれで。

こんにちは。
今日は、「野菜に夢中」でお馴染みの株式会社サラダコスモさんについて書きたいと思います。
岐阜県中津川市に本社を構え主に発芽野菜を生産している企業ですが、その生産品(スプラウト類)が昨年度の一月に行われた「有機農産物のJAS規格」で対象になったことを受け、「オーガニック緑豆もやし」「オーガニック大豆もやし」の二種を開発、昨年度の二月に有機JAS規格に認定されたそうです。
業界初のオーガニックもやしだという点が画期的であり、健康に対して興味を持つ現代人にとっては、大変うれしいニュースだと思います。
ところでデジタル大辞泉によれば、オーガニックとは「 化学肥料や農薬を使用しない野菜や、添加物を入れていない食料品などをさす言葉。」と定義されており日本でもオーガニック製品に対する関心の高まりが確実にみられるようですが、海外に比べれば市場規模はかなり小さくこれからの発展が期待されるところです。
はからずも日本は2020年に東京オリンピックを控えています。開催期間中に、もやしを先頭においしい日本の野菜が世界中の人々に食される光景が目に浮かびませんか?

LINEモバイル

| 製品 |

こんにちは。

メッセンジャーアプリのLINEを提供しているLINE株式会社が、2016年7月15日に東証1部に上場しました。
そのLINEが、同年9月5日からMVNO事業として”LINEモバイル”を開始して話題になっています。

UNI_MONV15002722_TP_V

 

 

 

 

 

 

 

 

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、キャリアの回線を利用してサービスを提供する事業者のことです。
LINEモバイルは株式会社NTTドコモの回線を利用しているようです。

各社が特徴あるサービスを提示していますが、LINEモバイルは月額500円でLINEのトーク・LINE電話が使い放題になるプランを始め、
上記2つに加え音声通話やSMSが使用できるプラン、LINEに加えてfacebookとtwitterが使い放題となるプランなど、SNS特化型となっています。

近年MVNOが増えており、どれを選択すればよいのか悩ましく感じている方が多いと思います。
契約などを苦手に感じる方が自分にあったMVNOを選択することは大変なことでしょうが、
ほとんどLINEしか使わず、月々の使用料を低く抑えたいと考えている人にとってLINEモバイルは最適なプランの一つですね。

MVNOのサービスでは通信速度が遅いと言われることもあり、もちろん良い点ばかりではないでしょう。
ただ、多様なプランがあることは、我々ユーザにとっては嬉しい限りです。
各々が自分に適切なプランを選択することが大切ですね。

impress top gear

| 製品 |

こんにちは。
今回は株式会社インプレスホールディングスのグループ会社、株式会社インプレスの出版シリーズである、impress top gearについての記事です。

同グループ会社にはIT分野・音楽分野・デザイン分野・モバイルサービス分野などがあり、
株式会社インプレスはIT分野に属しているようです。
私はインプレスと言えば技術書のイメージだったので、グループ会社があり、異業種で事業を行っていることに驚きです。

impress top gearシリーズは、「IT技術の先端」をイメージしているようで、執筆時(2016/08/25)では[Deep Learning Javaプログラミング 深層学習の理論と実装(impress top gear)]が近日発売となっていました。

書籍一覧を見るとわかるように、プログラミング言語や理論を使ってある問題を解決する、といったアプローチの本が何点かあり、
入門書を終えた後に挑戦したいような内容となっていそうです。
私もこの中の一冊を勉強で利用しています。

技術書には様々な種類があり、本屋でとても悩んでしまいます。
そんな中、インプレスのこのシリーズからは強いこだわりと熱意を感じます。

PAK105191150_TP_V

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031