日本のコンデンサ

| 小ネタ! |

こんにちは。

今日は「5G」の話をします。5G:第5世代移動通信システムは、増大する通信のトラフィックを解消するために考えられた新しい通信方式です。現代は、IoTなど様々な物同士が無線でやり取りするほか、動画や音楽などのストリーミングサービスの普及によって、大容量の通信が要求される時代になりました。皆さんは5Gと聞くと、4Gより速くなるだけ、と思う方もいるかもしれません。しかし、5Gの課題は「速度」だけでなく、「超多接続」「超低遅延」も挙げられています。ありとあらゆるものがインターネットにつながる時代に備え、通信エリアの同時接続数を向上させなければなりません(多接続)し、例えば自動運転カーなどでは、ブレーキの命令をすぐさま車両に送り届けられる必要があります(低遅延)。この3つの課題解消に向け、世界中で開発が行われています。

実は、現在普及している4G端末では、5Gの通信はできません。5Gでは、センチ波と呼ばれる帯域よりもさらに高いミリ波という周波数帯を使っており、通信の規格が異なるからです。そのため、5G基板などの生産需要が今後爆発的に増加することが予想されます。そこで今日は、セラミックコンデンサやLANモジュールなどの5G関連部品の多くで世界トップシェアの「株式会社村田製作所」をご紹介します。村田製作所は、セラミックコンデンサの他、高周波向けデバイス、モジュールなどの電子部品の製造販売を行っています。同社は、今後の5G基板生産の増加を見据え5G向けの電子部品の受注・生産を開始しており、昨年度の売り上げも快調だったようです。

最近端末割引がなくなってしまったこともあり機種変更をためらってしまいますが、5G端末が販売されたらほしくなってしまうのがガジェット好きの性、というものでしょうか。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930