こんにちは。

今朝のニュースで、グランドプリンスホテル赤坂(通称「赤プリ」)の
解体工事を大成建設が請け負ったということを知りました。
赤プリは40階建、140メートルの高さのビルで、国内の解体工事としては
過去最大となります。

今年7月から、約1年もかけて解体していくようなのですが、注目なのは
その解体方法。
大成建設が昨年2月に開発した「テコレップシステム」という技術を使うため
粉塵、騒音、振動を抑えた工事ができるのだそうです。
この技術は、建物の屋根をフタ替わりにして、ジャッキで支えながら、
ビル内で高層階から解体していく仕組み。
赤プリだけに、最後まで周りを気遣った工事方法を選んだのでしょうか。

このような解体工事、竣工にくらべると派手さには欠けますが
作ったビルを安全に解体するのはとても大切なこと。
各社技術を磨いていっているようです。

ちなみに私がビルの解体工事ときいて真っ先に思いつくのが
海外などの爆破工事。
見物客も多く集まるイベントのような感じですが、日本では規制が
厳しく、なかなか実施されることはないようです。

ここ10年程の高層ビル解体請負会社をいくつかご紹介して、
本日のまとめとしたいと思います。

第22外山興和ビル(19階建、2000年解体着工) 西松建設
浜離宮ビルヂング(20階建、2005年解体着工) 大成建設
ホテルソフィテル東京(26階建、2007年解体着工) 清水建設
名古屋東京海上日動ビルディング(25階建、2009年解体着工) 竹中工務店

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031