こんにちは。

突然ですが、私の人生に「株」とか「投資」なんて関係ないと思って
今まで生きてきました。
が、最近、上場企業まとめサイトの仕事をやらせてもらったり、
株式投資をしている夫のお父さんからゼンショーの株主優待でお食事券を
もらってココスに行ったり、なんとなくですが、株とは無関係!
と言いきれなくもなってきた、今日この頃。

そんな私が、株式投資をやるとしたら、きっと株価よりも先に、
「株主優待」の有無と内容を確かめちゃうような気がします。

株主優待っていうのは、日本独自の文化なのだそうで、諸外国には
ほとんどないのだそうですよ。
日本でだって、株主優待制度を設けているのは2010年9月末の
調査によると、上場企業約4000社のうちの1018社、と全体の1/4程度。
まあねえ、優待は嬉しいけど、あくまでおまけなんですもんね。

株主優待の品物で多いのは、金券や飲食料品の類。
これらは間違いなくうれしいもの。
でも、ちょっと変わった、ユニークな株主優待を用意している会社もあります。

例えば昨日、社名の由来で出てきた株式会社マサル
こちらでは、「株主に夢を」というコンセプトで、サマージャンボ宝くじや
年末ジャンボ宝くじを提供しているそう。

また、情報通信会社のアエリアでは、同社が製作するインターネット上の
ロールプレイングゲーム内で使える株主限定希少アイテムを提供し、
マニアの株主を増やしているとか。

私がいいなあーと思ったのは、株式会社ロック・フィールド
「総菜工場見学・昼食会など」という株主優待!
アールエフワン大好き!株、買っちゃおうかなあ。

こういう、「工場見学」などの株主優待は年々増えているそうで、
個人投資家の「この会社を応援したい!」という気持ちに応えているのは
すごくいいなあーと思います。

※こちらの情報はあくまで現在の情報であり、内容が変更になる
可能性もありますので、ご注意ください。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930