日本の石油開発

| 小ネタ! |

今年に入ってから原油の高騰が続いています。原因はコロナショックからの経済回復と、ロシアのウクライナ侵攻とされています。
世界的に影響を及ぼしているこの原油高に各国は対応を迫られており、原油価格の動向に注目が集まっている状態です。
価格に大きく関係している原油供給元といえば、サウジアラビアやロシアが想像できるでしょう。日本が原油供給をしているイメージを持っている人は少ないのではないでしょうか。
しかし原油の産地で活躍している日本企業が存在します。今回は日本最大の石油・天然ガス開発企業の株式会社INPEXを紹介いたします。
INPEXは1941年に国策会社として誕生しました。民間会社となった後も国内外で石油・天然ガスの開発やパイプラインの設置を続け、現在は世界20カ国以上で事業を展開しています。
海外の産油地域でも権益を取得しているため、有名な産油地帯である中東でも石油の採掘・販売を行うことができます。
資本面では経済産業大臣が株式の18.94%を保有しており大株主となっています。元国策企業としての気風が感じられますね。
また、経済の原動力となる原油は、脱炭素の流れがある現在でも多くの需要があります。
しかしINPEXは今後のエネルギー開発も考慮し、再生可能エネルギーの取り組みも行っています。
原油だけに頼らず、時代と共に変化していく企業は長く活躍できそうだと期待できますね。再生可能エネルギーは近い将来絶対に必要になるであろう技術なので、今後のエネルギー開発にも注目です。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031