5月も終わりが近づき、新社会人として働き始めてから早2ヶ月が経とうとしています。毎日学びの連続で働くって大変だなぁと実感しています。

さて、働く上で学び続けることは重要ですが、そんな中でも常に新しい知見が生まれ続け、しかもそれが人の命に直接関わってくる業種があります。それは医療です。例えば2021年に日本で承認された医薬品は135品目だそうで、3日に1つのペースで新しい薬が生まれ続けています。

こんな風に常に情報をアップグレードし続ける必要がある医師ですが、実は国内の医師のほとんどが情報収集のために登録しているサービスがあります。それはエムスリー株式会社が提供する「m3.com」です。m3.comは医療従事者専用の会員制情報サイトで、30万人を超える医師が登録しています。日本の医師数が約34万人であることからもこのサービスの凄さが分かるのではないでしょうか。

エムスリーの設立は2000年9月、決して古くからある企業ではありませんが、たくさんの非効率が蔓延っていた医療業界にITでメスを入れ続け、急速に成長してきました。2021年度の売上収益は1540億円にも上り、2000年以降創業の企業で唯一日経225銘柄にも選ばれています。同社の収益の中心は、医師への効果的なマーケティング経路を病院や製薬企業などに提供することによって得られる情報提供料や広告掲載料です。医療従事者限定のサイトで、かつ国内の医師のほとんどが登録しているという状況を考えると、効果の高いアプローチができることは想像に難くありません。

いち早いブルーオーシャンへの参入と質の高いサービスの提供で規模の大きなネットワークを作り、他の追随を許さない。インターネットが普及した現代の勝ちパターンの一つですね。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930