こんにちは。

今日のネタ探しでは、グレイステクノロジー(6541)が、AIでのマニュアル作成を行っている、という記事を見かけました。
グレイステクノロジーは顧客企業の製品のマニュアル作成を手掛ける企業で、工作機械や半導体製造装置分野に強みを持っています。また、帳簿などの書類が多い金融業界には、事務作業の効率を高める提案もしています。マニュアルの作成だけではなく、作成したマニュアルを管理・更新するシステムの提供も行っており、マニュアル作成そのものよりも、管理システム利用料を主な収入源としています。2015年にはAIを活用して用語整理を行う技術の特許を取得しており、最近ではAI活用をさらに押し進め、AIが作業工程を支持する眼鏡型端末の販売も開始したそうです。

というわけで、今日はクモノスに情報のなかったグレイステクノロジーに代わり、AI関連銘柄のひとつである、株式会社ソフトフロントを紹介したいと思います。
株式会社ソフトフロントは、IP電話関連の技術開発を手掛ける企業です。通信ソフトウェア開発に強みを持っており、SIP/VoIP技術コンサル、SIP関連製品およびサービス開発の設計・製造・保守までを行う開発作業支援、自社製SIP/VoIP関連ソフトウェアのライセンス販売などを事業としています。最近では、業務の自動化を実現する自然会話AIプラットフォーム「commubo」の製品化のIRから短期的に人気銘柄化し、話題となりました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031