こんにちは

本日は、株式会社コーセーについてご紹介させていただきます。

コーセーは、主に化粧品の製造、販売を行う大手化粧品メーカーです。
日本の化粧品業界第3位の実績を持ち、また、創業当初から美容部員により店舗での対面販売形式をとり、現在では多様な販売チャンネルを通じて展開しています。

展開するコスメンタリー(コスメティックとトイレタリーを組みあせた造語)領域のすべてにおいて、独自の価値ある商品の提供をポリシーとしており販売する価格帯や販売方法で展開するブランドを以下の3つに分けています。
▼ハイプレステージ(最高のクオリティを、最高のサービスで:高価格)
販売店:化粧品専門店、百貨店
・ジル・スチュアート
・コスメデコルテ
・アディクション

▼プレステージ(より多くの方に、付加価値の高い化粧品を:中価格)
販売店:化粧品専門店、量販店、ドラッグストアなど
・雪肌精
・エスプリーク
・ONE by KOSE

▼コスメタリー(いつもより、少し上質な日常を:低価格)
販売店:量販店、ドラッグストア、コンビニストア
・ソフィモ
・スポーツビューティ
・ファシオ

調べていて、ジル・スチュアートやアナスイなどがコーセーが販売していることに驚きました。
男性の私でも知っている有名なブランドで、確か海外からのブランドではなかったのかと思いましたが、どうやら製品には「コーセー」の名前を一切表示しないアウトオブブランド戦略により意図的にわからないようにしていたようです。
アウトオブブランドとは、別名覆面ブランドと言われ、母体となる会社のメーカー名やメーカー色は出さず、ブランド名を前面に出して展開することで、母体企業とは全く異なるイメージを市場や消費者にアピールするブランド戦略です。

コーセーに男性用のブランドもないかと調べてみると、ポールスチュアートといったアウトオブブランドがありましたがハイプレステージなので少し検討中してみます。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031