理科の実験

| 小ネタ! |

こんにちは。46e357cd6a099b5c2c38533ebbe916d5_s

本日は、「ヤガミ」を紹介いたします。
ヤガミは、教育理科機器や保健福祉機器の専門商社です。
・小中高の理科実験に使用する道具
・理科室・調理室・福祉施設などの設備コーディネート
・体温計や体重計などの保険福祉に関する道具
・AEDや訓練モデルなどの救急救命用具
・工業用電気ヒーター
と、取り扱う製品はとても幅広いです。

実験器具のラインナップを見てみると、使ってみたいものばかりです。
皆さんは「霧箱」をご存じでしょうか。
その名の通り霧を発生させた箱です。
この霧を放射線や荷電粒子が通ると、通った跡が白い線になって見えるのです。
上野の国立科学博物館で見たことがあるのですが、ヤガミでは小型の霧箱を販売しています。
霧箱って特別なものなのかと思っていたので、販売されているのを見て驚きました。

他に興味を持ったのは、「電子レンジるつぼセット」です。
このるつぼなら家庭用電子レンジを用いて、1200℃まで加熱することができるのだそうです。
ガスバーナーの火だと長時間の加熱が必要ですが、電子レンジを用いると時間の短縮ができますね。
食塩や金属の融解実験は高温にする必要があるため、これらの実験を手軽に行うことができます。

また、設備のページで理科室や技術室などの写真があってなんだか懐かしい気分になりました。
理科室などのデザインって大体どこの学校でも似たり寄ったりなのかもしれませんが、
もしかするとヤガミが手掛けた教室だったのかもしれませんね。
理科室などの教育用教室だけでなく、昇降口や図書室のコーディネートも行っています。
どちらもすごくおしゃれなコーディネートがされていて、こんな学校に通える子達がうらやましいと思いました。

ヤガミの製品は多岐に渡っているので、
調べてみると身近にたくさん存在しているかもしれませんね。
それではー。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728