古き良き喫茶店

| 小ネタ! |

こんにちは。

働き始めてから、ブラックコーヒーが飲めるようになりました。
それまでは、カフェラテやカフェオレにして砂糖を入れないと飲めなかったのですが、めんどうくさいのでブラックで飲んでいたら、いつのまにか平気になっていました。

学生時代はコーヒーが苦手だったので、あまり進んでコーヒーを飲むことはなかったのですが、中学生のころからコーヒーを自分で焙煎している先輩がいて、その人が淹れたコーヒーは美味しく飲めたことがあります。
その時に、やっぱり美味しいコーヒーってあるんだ、と思いました。

最近は飲めるようになったのがうれしくて、自分で簡単に淹れられるインスタントコーヒーばかり飲んでいますが、たまには美味しいコーヒーが飲みたいとも思います。

そこで今日は、株式会社銀座ルノアールをご紹介します。
株式会社銀座ルノアールは、喫茶室ルノアールを中心に、さまざまな喫茶店を経営している会社です。

ルノアールといえば、チェーン店の喫茶店としては高級なお店として知られています。
僕も以前一回だけ入ったことがありますが、椅子や机などの調度からして高級感が漂っており、ウェイターの方が注文を聞きに来てくれる方式にも感動した記憶があります。

また、ルノアールのほかにも、NYのエスプレッソカフェをイメージしたスタイリッシュな空間を提供するNEWYORKER’S CAFEや、昭和の懐かしさと現代の新しさを兼ね備えた、新しいスタイルの喫茶店カフェ・ミヤマなど、喫茶店だけでも実に9種類の店舗を展開しています。

そして、改めて喫茶室ルノアールのメニューを眺めていると、コーヒーやケーキだけでなく、トーストやサンドイッチなどの食事メニューにも力を入れていることがわかります。
例えば、現在行っている季節限定メニューには「あたりどり油淋鶏風ソースのサンドウィッチ」があります。
希少な昆布である「ケルプ」を飼料にしてそだてた「あたりどり」を油淋鶏風ソースで味付けしたサンドウィッチだそうです。

喫茶室ルノアールは普通に食事をするのにも、休憩として一杯コーヒーを飲むのにもぴったりな場所ですね!
僕も手持ちに余裕があるときは、ふらっと入ってみようかと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31