こんにちは。hikaru です。

11/2、日本とカザフスタンが共同で設立した「サレコ」の、
レアアースの精製工場の開所式が行われました。

カザフスタンのウラン鉱山でウランを取り出した後の残土から
レアアースを精製する方法で、年間 1500 トンの生産を見込んでいます。

2013 年 1 月から、日本向けの輸出も開始されるようです。

ここで生産されるレアアースは、
ジスプロジウム、ネオジム等が含まれます。
これらは、いままで中国が生産を独占してきましたが、
カザフスタンが新たな調達先になると期待されています。

レアアースをなるべく使わない技術については、
過去に小ネタで何度かとりあげてきましたが、
それでも必要はありますもんね。

サレコを設立したのは、
カザフスタンの原子力公社カザトムプロムと、
日本の住友商事です。

今後は、信越化学も技術提供で関わっていく予定で、
レアアース混合物から、各元素の分離・高純度化
を狙っているようです。

レアアースの安定供給先として、これから期待ですね!

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31