昨日、実家の北九州(福岡県)からいっぱい食料が
届きました。
こんにちは、北九州ラブなあいぼです。

ということで、今日は超ローカルな北九州のお話です。

ていうか、北九州ってどこ?!っていうつっこみをいれたあなた!

説明しようっ☝

北九州は、名前の通り九州の一番北にあって、本州の最も近い場所にあります。
有名なものでいうと鉄の大手新日本製鐵が手がける八幡製鉄所があるところです。

そんな北九州は社会の教科書では、東京にある京浜工業地帯や阪神工業地帯と並んで
大きく取り上げられるほどの工業地帯があります。
その工業地帯の土台を作ったのが「明治のセメント王」との異名をもつ浅野総一朗氏です。

浅野氏は、蒸気機関車などの燃料に使われる石炭から出るコークスやコールタール
の廃物に着目して、廃物をセメント製造の燃料として使う方法を開発して、
工場を一体化した日本初の臨海工業地帯である京浜工業地帯を建設。
なんと政府の援助なしにオノヨーコの曽祖父である安田善次郎氏(安田財閥の祖)と協力を
仰ぎつつ完成させたそうです。
その後、北九州工業地帯も手がけて明治34年に八幡製鉄所がスタートすることに。
その功績として、北九州の小倉駅周辺は「浅野」という名前がついています。
それくらい、日本の工業に大きな功績を残してるんですね♪

ちなみに浅野総一朗氏が手がけた会社は、太平洋セメント
JFEエンジニアリング(JFEホールディングスの傘下)、東亜建設工業などで、
今でも上場企業で活躍している会社ばかりです!
今でも続いてて業界を牽引しているってすごいですね!
みなさんも気になる地元の地名を調べてみると、意外な発見があるかも?!

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31