こんにちは。最近休日になると何気なく家電量販店に行き種々多様な製品を眺めることに楽しさを感じているのですが、特に時間を忘れるほど夢中になれるのがオーディオ関連機器を観察しているときです。今まではiPodで音楽を聞くときに音さえ聞こえれば別にいいという感じでいたのですが、SONYのヘッドフォンを使用して聞こえてくるメロディのクオリティにはかなり驚きました。いつも聞いていた音楽がいつもと違うと言いますか、聞こえていなかった楽器の音が聞こえるということが起こったからです。そこで今回は日本を代表する企業である、ソニー株式会社を取り上げたいと思います。
ソニー株式会社は港区港南に本社を構える企業で、「モバイル・コミュニケーション、ゲーム&ネットワークサービス、イメージング・プロダクツ&ソリューション、ホームエンタテインメント&サウンド、半導体、コンポーネント、映画、音楽、金融及びその他の事業」を営業商品品目として取り扱っています。始まりは1946年5月「電気通信機および測定器の研究・製作を目的とし、東京都中央区日本橋「白木屋」内に資本金19万円をもって東京通信工業株式会社(東通工)を設立」したことに遡ります。以前この時代の日本映画見た時に街の看板にSONYの文字が書かれていたことがあり、やはり確固たる歴史をもつ企業なのだなとその時に感じたことを思い出します。品川に社屋が移されたのは翌1947年で、1958年1月に社名をソニーに変更、同年12月には東京証券取引所第一部に上場を果たしています。その後に日本にとどまらず世界に与えた影響はご存じのとおりです。
さて、タイトルにも書いたのですがソニーの新たなコンセプト「Life Space UX」に部分的に興味を持ったのでご紹介したいと思います。それは、「LED Bulb Speaker」というものです。日本語ではLED電球スピーカーというらしく、形は普通の洋梨的なもので変わらないのですがそれが同時にスピーカーの役割も果たすことができその奇抜な発想には驚きました。商品が店頭でどのように顧客に注目され家庭に持ち運ばれ使用されるのかということなどをそれぞれのシチュエーション別に専門家が討議した末にできた商品ということで、期待は膨らむばかりです。ご興味のある方は是非サイトにアクセスしてみてください。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31