こんにちは。

すっかり忘れていたのですが、昨日は11月の第3木曜日。
そう、ボジョレーヌーボーの解禁日でしたね。
あわててコンビニで買って飲みました!

ボジョレーヌーボーといえば、毎年の大げさなキャッチコピーが密かに楽しみ。

ざっと振りかえってみるとこんな感じだそうです。
(wikipediaより引用)

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年「50年に1度の出来」
10年 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
11年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」

飲んだ感想は、そうですね。去年より美味しかったような。

というわけで前置きが長くなりましたが、今日はワインに関わる企業を
ご紹介しようかと思います。

今回は福岡にある食品を中心とした卸売事業を営む
ヤマエ久野株式会社さんについて。
ヤマエ久野って、いかにもくっつけた名前のようですが、その通りで、
鹿児島のヤマエ商事と博多の久野食料が統合した結果誕生したとのこと。
食品が中心の商社ですが、その商品は多岐にわたり、飼料、青果、精肉から
加工食品・酒類まで、それを運ぶ運送、その車に入れる燃料、その車を貸す
レンタカー、倉庫業まですべて自社グループ内にあるという総合商社です。
その中で、もちろんワインも扱っています。

ヤマエ久野の公式ウェブサイトで、「卸売業とは?」とすごくわかりやすく
説明してくれてあるページがあったので(外部リンク
よかったら見てみてくださいね。

ボジョレーヌーボーは、本来はその年のボジョレーの出来を確かめる
試飲用のお酒とのことで、ボジョレーを有難がるなんて、と馬鹿にされる傾向も
あるようですが、今年もワインができたなー、とか、そろそろ年末だなー
とか感じながら飲むのは結構楽しいな、と個人的には思います。

ではみなさん、楽しい週末を。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031