こんにちは。

今週は、住信SBIネット銀行が上場を検討している、という記事をみかけました。

上場が実現すれば、インターネット専業銀行としては初の上場企業となります。株式を半分ずつ所有しているSBIホールディングス株式会社と三井住友信託銀行株式会社(三井住友トラスト・ホールディングス株式会社の子会社)がすでに協議を始めているそうです。上場で経営の自由度や知名度を高めるとともに、フィンテック分野を強化し、住宅ローンに偏りすぎている収益源の多角化を目的としているとのことです。

2007年に業務を開始した住信SBIネット銀行は、ジャパンネット銀行や楽天銀行(旧イーバンク銀行)と比較して、住宅ローン分野で強みを持っています。ネット上で手続きが完結する利便性や大手行よりも低い手数料で若年層中心に支持を集めています。SBIホールディングスと三井住友信託銀行は住信SBIネット銀行の上場後も一定の株式を持ち続ける意向で、親子上場問題への対応も論点になっているそうです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031