こんにちは。

最近は喫煙スペースがめっきり減ったように思います。飲食店に入ってもお決まりの「おタバコは、、」のフレーズも聞かれることが減ってきました。私が働いているオフィスに設置してある喫煙室は、エアフローの最適化によって物理障壁がなくとも分煙が可能なタイプを使用しています。私自身は吸わないんですが、やはり壁がないだけでコミュニケーションは取りやすくなるので気に入っています。いわゆるタバコミュニケーションですね。

厚生労働省は近年、受動喫煙に対する対策として健康増進法を改正し、取り締まりを強くしてきました。こうした政策により禁煙を始める人もいる一方で、飲食店など店舗内に喫煙スペースを設けるなど分煙環境の設置を求められています。中小規模で経営している飲食店では国や地方自治体から補助を受けることができるようですが、工事のために数日間は店舗を閉めなければならず、補助を受けて喫煙スペースを設置するか、そもそも全面禁煙にするかという葛藤はあるようです。

そうした喫煙スペースにある煙を吸ってくれるあの機械、正式には「電気集塵機」といいます。空気中の塵を帯電させて引き寄せることで空気と分離し、きれいな空気だけを排出します。喫煙スペースに必須の製品ではありますが高価であるという側面から、買取だけでなくリースによる設置も行われています。「フルテック」はこうした集塵機だけでなく、空間とマッチしたプランター型の気流制御マシンなど、空間の気流を制御して分煙効果を高める製品も取り扱っています。

禁煙ブームが囁かれていますが、コミュニケーションに影響のない分煙の仕方を取り入れてほしいなと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031