こんにちは。

最近キーボードを購入したい衝動に駆られては我慢する日々を送っていますので、今日はキーボードの話をします。ひとえにキーボードといってもいろいろな種類があって、個性があります。今日は少しだけ紹介したいと思います。

キーボードを分類しようとすると、その機構によって大きく4つに分けられます。1つ目がメンブレン方式、1000円台から買える安さが特徴ですが、反発が強いので軽快に打ちたい人は疲れやすいかも。2つ目がパンタグラフ方式、構造を薄くできるため、ノートパソコンの多くに採用されています。キータッチが軽いので、軽快に打ちたい人におすすめ。3つ目がメカニカル方式。内部の金属製のばねによって反発するので、キーボードらしいカチャカチャ音がするのが特徴です。といってもばねの強さや構造によって、音だったり反発力が変わる個性豊かなキーボードです。最後が静電容量無接点方式。キーが押されたことを電気的な変化として検出する機構が特徴で、キーを押下しても物理的な接触が起きないことから、耐久性が高いです。その分値段も張りますが。。

そこで本日は、REALFORCEというキーボードブランド展開している「東プレ株式会社」をご紹介いたします。同社はキーボードだけでなく、自動車用プレス部品や冷凍・冷蔵庫などの部品の製造・販売メーカーです。私は今回調べるまでキーボード専門メーカーだと思っていました。最近のリリースでは、REALFORCEブランドのテンキーレスモデルの発売が発表されていました。2万ちょっとするので躊躇ってしまいますね、、

今までパソコンといえばゲームしかやってこない人生で、メカニカルの青軸ばかり使っていました。が、お店で東プレのキーボードを触って欲しくなりました。これから誘惑と戦う日々が続きそうです。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031