こんにちは。

今日のネタ探しでは、リハビリ支援のためにロボットを導入する医療機関が増えつつある、という記事を見かけました。脳卒中などで手足の麻痺した患者にとって、どこまで発症前の動きを取り戻すことができるのかは、その後の生活の質に大きく関わります。機能回復には、できるだけ早く十分なリハビリを始めることが重要であり、そのためにロボットの利用で効率化を行っているそうです。
具体例として、屋内でのランニングやウォーキングをするための健康器具「トレッドミル」と、患者の関節に装着するロボットを組み合わせたリハビリ用ロボットが挙げられています。転倒防止のために患者の体をワイヤで支えながら、ロボット部分が足の振り出しを補助してトレッドミル上での歩行を行います。ロボットの補助付であろうと歩行と同じ動作を行うことで、自分の足で歩く感覚を取り戻すまでの時間を早めます。腕や手先の機能回復訓練では、情報分野と協調したロボットの利用も行われています。腕に装着したロボットのセンサを通して、ディスプレイ内の情報と動作を同期させる、ゲーム感覚の訓練が導入されているそうです。

というわけで、今日はリハビリ機器の発売元として挙げられていた帝人ファーマ株式会社の親会社である、帝人株式会社を紹介したいと思います。
帝人グループの中核企業であり、繊維製品業界の大企業です。子会社の帝人ファーマ株式会社は製薬会社であり、骨・関節系、呼吸器系、代謝・循環器系の医薬品や在宅医療機器の製造・販売を行っています。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031