車の工具の富士精工

| 小ネタ! |

こんにちは。

本日は、富士精工株式会社をご紹介いたします。

富士精工は、機械工具業界に属しております。
機械工具とは、機械に取り付け金属を削るのに使われる刃物の事で
刃先部分を「切削工具」とこれを保持する「ホルダー」の2種類に大別されます。
これらをトータルで設計製作できるのは、国内唯一富士精工だけだそうです。
富士精工グループでは、自動車のエンジンなどを加工するのに
専用工具が必要な機械工具を作成しております
自動車部品関連の工具を製造しておりますが、主な取引相手は
トヨタグループ向けに行っています。

1970年代初頭、自動車というものが流通されてき始めました。
その自動車を作る工作機械は、輸入品であり
専用品の為高価で納期も不安定でした。
そんな当時から、富士精工の最大顧客となっていたのがトヨタでした。
トヨタは1935年から車を生産されているので
工場では輸入品の高価な工具を使っていたのでしょう。
それが、富士精工が社内での作り込み、テスト加工といったプロセスを
何度も繰り返した外国製工具の国産化という目的は達せられ
現在に連なる「難しいものは富士精工」という評価を決定づけました。
大手メーカーは、グループ会社によりすべて賄えるイメージがありましたが
古くから専門的にやり、成長しているメーカーの力は大きいのだと思いました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031