子供服の世界

| 小ネタ! |

こんにちは。

 今週はずっと晴れの陽気が続いていますね。kodomo
お出かけを楽しむ方も多いとおもいます。
大人の方々はおしゃれをして外出されるかと思いますが、
子供達だっておしゃれをして外に出かけたいですよね。
今日ご紹介する株式会社キムラタンはそんな子供たちのための
衣服メーカーです。

◉キムラタンという会社
 キムラタンは神戸市に本社を置くベビー・子供服のメーカーです。
創業は今から90年前の1925年、設立は51年前の1964年です。
ちなみに創業と設立の違いは、創業が業務を始めた日、設立が法人として
経営を開始した日となっています。筆者も今日調べるまで知りませんでした。
現在授業員数は300人程となっています。
 
 最近様々な企業の社員数を見ていますが、
老舗かつ大規模な上場企業であっても、せいぜい数百人従業員がいれば良い方で、
なおかつ契約社員やパートなどを抜くとさらに少なくなります。
いかに契約社員が多いかということ、また数千人規模の企業は
本当に有名な会社以外ほとんど存在しないということが分かりますね。
コンビニのグループ会社などはたくさんの企業を傘下に抱えているため、
財閥系やフランチャイズ系の企業以外は数百人いれば相当大規模なのかも
しれません。

◉ユーザーを引き込む取り組み
 キムラタンは衣服をただ企画して販売するだけでなく、定期的に
洋服のコーディネートのコンテストを同社のファンサイト発で行っています。
入賞した子以外にも応募した子の写真が掲載されており、キムラタンを
着ることでの一体感や、ブランド価値を高める施策が整備されています。
またコンテスト出場者向けにオリジナルのポスターや写真製作が行われており、
ファンサイトには上手な写真の撮り方などが掲載されており、
ユーザー想いのコンテンツが充実していると感じました。
また、このコンテストの入賞者はキムラタンの広告用モデルとして活躍する場が
与えらえています。キムラタンが好きで応募して、結果的にキムラタンの「顔」と
なることができる。ファンにとってはこれほど嬉しいことはないですね。

 子供服事業を中心に、ユーザー想いのUI設計がなされたWebサイト、また
キムラタン主催のコーディネートコンテスト。これらによりユーザー同士の
交流の場を持ちつつも自社の広告と絡めて高い宣伝効果を図る。
子供服というかわいい分野の企業の裏には、ユーザーを満足させるための
様々な施策と、ユーザーに製品・場を提供するだけで終わらない
したたかな姿勢があることを知ったのでした。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031