電気の缶詰

| 小ネタ! |

こんばんわ。

このブログで紹介する企業は、どこかで聞いたことがある企業が多いと思います。
そこで今回はBtoBの企業に目を向けてみたいと思います。

本日は株式会社大紀アルミニウム工業所をご紹介します。
創業は大正11年11月23日で、日本で初めて二次アルミニウム製錬業始めたそうです。
現在もアルミ地金メーカーのトップだそうです。
補足をすると、二次アルミニウム精錬業とは、簡単言うとアルミニウムくずを再生する作業のことです。
この会社が生産したアルミニウムは自動車や飲料缶の材料として使用されているそうです。
今まで意識していませんでしたが、意外と身近なものに利用されているということを知ると親近感がわきます。

ところで、アルミニウムは電気の缶詰と呼ばれていることをご存知でしょうか。
これは、アルミニウムの生産の際に大量の電気を使用することからそう呼ばれているそうです。
なんとなく金属は火を使って作られているイメージがあったので、電気が使われているのは意外でした。
とはいえ電気を使わない生産方法もあるようです。
皆さんはアルミニウムの性質をいくつ知っていますか?軽量で柔らかいのはなんとなくご存知だと思います。
実はほかにも性質があり、粉末になると可燃性になるそうです。金属なのに燃えるというのは不思議ですね。

私たちの生活に関わっているにもかかわらず、気が付かない企業が多々あるなぁと実感しました。
もう少し身の回りに目を向けてみて、今まで気が付けなかった企業を発見できるように気を配ってみたいと思います!

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031