海外での119番

| 小ネタ! |

こんにちは。

今日は、「日本エマージェンシーアシスタンス」を紹介いたします。
ちなみに、本日はこちらの企業の社長である、吉田一正様のお誕生日です。
お誕生日、おめでとうございます!


日本エマージェンシーアシスタンスは、仕事や旅行、留学等で国外に滞在する日本人が、適切な医療を受けられるようにサポートを行う、医療アシスタンスを主な事業としています。
医療アシスタンスは、顧客の違いで大きく2種類に分けられます。
1つは、損害補償会社(損保)を顧客として海外旅行保険に付随するサービスを行うこと。
もう1つは、海外赴任社員を持つ企業や、留学などで研究者を海外へ送る大学を顧客としてサービスを行うことです。

海外にいても、最寄りのサービス拠点に連絡をすれば病院の手配・搬送などしてもらえるとのこと。
まるで「海外での119番」といった感じです。

具体的なサービスの内容は、
・適切な病院を紹介・予約してくれる
・勤務先・家族に連絡をしてくれる
・渡航する学生に危機管理のオリエンテーションをしてくれる
・渡航先の治安・医療情報などを提供してくれる
……などなど、便利なサービスが揃っています。
海外での生活は病気にかかったときが心配ですが、このような手厚いサービスがあるのでしたら安心して暮らすことができますね。

また、現在は在外日本人だけでなく、在日外国人の方向けへのサービスも行っています。
内容は、医療ビザの取得や、院内の通訳、空港から病院までの交通手段の手配など。
こちらも非常に助かるサービスが揃っています。

本日は、日本と海外の医療を結ぶ「日本エマージェンシーアシスタンス」を紹介いたしました。
それではー。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031