こんにちは

本日もiPhone関連の記事で
今回はiPhone6の特徴や使用されている部材についての紹介です。

個人的な感想は薄くなって大きくなったなーくらいしか
印象がないのですが、
今回iPhone6の部品を供給している日本企業がいくつかあり、どんな特徴があるのか紹介します。

まず、今回のiPhone6の部品を供給しているとされる企業はこちら
※日経の推測である企業もあります。

液晶パネル・・・・ジャパンディスプレイ、シャープ、韓国LG電子
LEDバックライトモジュール・・ミネベアなど
カメラ・・・・・・CMOSイメージセンサー、ソニー
カメラ手ぶれ補正用アクチュエーター・・ミツミ電気、アルプス電気
高周波部品・・・・村田製作所TDK太陽誘電など

今回初めて採用される注目の部品が、カメラの手ぶれを補正するアクチュエーターです。
デジカメには当たり前のように搭載してある手ぶれ機能ですが、
スマホはカメラの画素数が高まる一方で、光の感度が下がり暗い所で撮影する際に手ぶれの影響を受けやすくなりました。

そこで今回導入されたのがミツミ電気、アルプス電気によって提供されているとされるアクチュエーターで、この部品によって暗いところでもデジカメ並の綺麗な画像が撮影できるそうです。ただし、このアクチュエーターが導入されているのは6プラスのみです。

Aplle製品なので、一見海外の部品工場でつくられてるように思いますが、日系の企業の技術も使用されており、おもしろいなと思いました。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031