こんにちは、aicoです。

今日はマジックテープのお話です。

マジックテープが開発されたのは60年以上も前のこと。
ド・メストラルという人が、アルプス登山中、
服や犬の毛にゴボウの実がくっついているのを見て、
ゴボウの実から生えているチクチクが輪の形になった服の繊維や犬の毛に
絡まってるのに気づいたことがきっかけだったそう。

マジックテープという名前は1960年に株式会社クラレが商標登録したもので、
最初は「ベルクロ」という名前だったんだそうです。

マジックテープが普及し始めたのは1964年に開業した東海道新幹線の
ヘッドレストカバーの留め具として採用されてから。
それまでは数カ所を一つ一つ外さなければならないホックが使われていたそうですが、
マジックテープはベリッと剥がすだけで簡単。
その後も様々な新幹線で採用され、マジックテープは一般に知られるようになって行ったそうです。

現在は新幹線の他にも子供の靴や輸送用のバック、工業用などなど様々な用途で使われるマジックテープですが、
実はこんなところで大活躍!

それは特撮のヒーローや怪獣の着ぐるみ。
それまでは金属ファスナーを使っていたため、背中が映るとファスナーが見えてしまう。
しかしマジックテープは留めれば外側からは見えないので、
今では特撮スーツには欠かせない物となっています。
ちなみに、ゴジラは背びれパーツがマジックテープで、
その後ろの背中に通常の金属ファスナーになっているそうですよ。

では、また明日♪

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031