» 上場企業豆知識のブログ記事

こんにちは。
今日はすっごく寒いですねーーー。

さて最近よく書いている、「創業○○年の企業」シリーズ。
今日は今年の4月10日で創業99年を迎える、株式会社大気社をご紹介します。

大気社は1913年(大正2年)、ドイツ系の機械輸入商社エル・レイボルド商館を
母体とし、「合資会社建材社」の社名で東京でスタートしました。
(大気社になったのは1949年。クモノスの創業年はこちらを採用してますね。)

当時は暖房設備、エレベータ、建築材料等のドイツからの輸入、
およびその据付を主な業務としていたそうです。
当時の(今もかな)ドイツの技術は素晴らしく、ドイツ人技師のもと、着実に
技術を身に着け、実績を作っていった同社。
現在の社名、大気社になり、、資本がすべて国内になり、業務内容が「ビル空調設備」
「産業空調設備」「塗装システム」の3つの事業に変化していっても、当時に
身に着けた技術力が大いに役立ったのだそうです。

そうそう、現在上場している空調設備会社のほとんどは1910年から1930年代に
創業されているのだそうです。
これは、1918年に日本初の近代的高層オフィスビルである「東京海上ビル」ができ、
空調設備が導入されたこと(大気社が手掛けたそうです)、1930年代くらいから
国内の近代的なビルに冷房設備が導入されるようになったことなど、
時代背景が大いに関係していそうですね。

空調設備業界の幕開けとともに発展してきた大気社の、今後の展開も楽しみです。

来週は誕生日にクリスマスにケーキがいっぱい食べれそうです♪
来週のためにとりあえずダイエットに励んでいるあいぼです。
こんにちは。

さて、クリスマスも近いのでクリスマスに上場した会社って
あるのかな〜?と思って調べてみました!

そしたら、みっけ☆

その会社は株式会社paperboy&co
なんの会社?!とおもいきや、サーバ保守・運用!

ザ・同業者っ(笑)
よくよく見てみるとレンタルサーバ屋さんのロリポップや
ムームードメインなど運営している会社なんですね〜!
意外に普段から利用していたサービスでした(笑)

その株式会社paperboy&coの創業者の家入氏の起業は、
「家族とゆっくり過ごせる時間がつくりたい」と脱サラしたのが
きっかけだそう。
なんと私の出身地、福岡で企業したんだそうです!
(なんだか親近感〜♪)
そして、企業1ヶ月目から黒字でどんどん大きくなって
やがて2008年のクリスマスに上場!
上場のした一番の理由は、おもしろいサービスをしていても
ちゃんと上場できるんだってことを証明したかったんだそう。
それによって、似たような会社を応援できるのではないかという
思いもあったんだそうです〜♪

家入氏は、上場後4ヶ月で社長から会長へ。
自分がいついなくなっても会社が回るようにという思いだったようです!
今では、カフェのオーナーに!!

きっかけは社員食堂的なものをつくりたいという思いから。
しかも雑然とした社員食堂ではなく、デザインや見せ方にこだわった
お店のようです。
それは、家入氏の新たな挑戦でもあるらしく、ネットの世界で
磨いてきたセンスが通用するか試したかったんだそうです〜
かなりおしゃれなカフェなので、うらやましいです(・∀・)

家入氏の会社や社員に対する考えなど、結構うちの会社と
似ている部分もあるので、同業者ながら親近感です〜!
もっともっと自分のつかっているサービスの会社に
目を向けていくとおもしろい発見があることがわかりました♪

そんなちょっと真面目なことを考えてみたお昼どきなのでしたっ♪

メインのpcをmacにして半年がたちました。
早くmacにすればよかったと思っているあいぼです。
こんにちは。

とはいっても、まだまだmac使いひよっこのわたしの先生が
私の前の席の先輩。
macのことを知り尽くしているmacloveな先輩なので、
困ったことがあればなんでも教えてくれますw
そんな根強いファンをもつAppleには、アップル認定の資格が
あるんだそうです。
これはAppleのプロのアプリケーションをどれだけ使いこなせているか
を判断するものらしいです〜
これを極めれば、Apple認定のトレーナーにもなれるんだそうです〜

そんな認定もあったりするAppleには、修理のプロもいるそうです〜
それはウチダエスコ株式会社
ウチダエスコは、22年間、macの修理に携わっているそうで
技術者はApple認定技術者なんだそう。
自分のpcはできれば長く大切に使いたいので、
macのことを知り尽くしている修理屋さんが修理してると
安心ですよね〜!

私もちょっとずつ使い込んでいきたいと思います〜

ちょうどあと1ヶ月後にはクリスマスですね〜♪
こんにちは、あいぼです。

クリスマスといったら欠かせないもののひとつにケーキが
ありますよね〜♪
ケーキ大好きな私としてはマストですw
ということで今日は、ケーキの歴史についてちょっと調べてみたいと思います〜

ケーキといえば定番なのが、ショートケーキですよね〜!
日本のショートケーキは、不二家の創業者の藤井林右衛門さんによって
日本人の口にあうように改良して販売されたものらしいです。
それが作られたのはなんと大正時代!
結構昔からあったんですね〜!ショートケーキ=いちごのショートケーキ
のスタイルは、やはり一番最初につくった不二家のショートケーキから
由来されているそうですよ〜!

ちなみに海外では、「biscuit」というパンにいちごを挟んで
クリームをのせたものをショートケーキというそうです〜
また地域によっては、温かいままきってたべるとこもあるそうです!
日本と海外では意味がちがうんですね〜(・o・)!!

今年のクリスマスケーキは、どれにしようかな〜♪

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031