先日、古い記憶装置の記事を読みました。記憶装置とはデータを保存するためのもののことで、現在の一般的なものだとCDやDVDが該当します。

最近では音楽や映像はインターネットで楽しめるのでこれら記憶装置に触れる機会が減ってきたようにも感じますが、製品として買い求めたい方はこちらを選ぶことも多いでしょう。

しかしこれらの製品はとても繊細で、傷つかないよう扱うだけでも気をつかいます。これを製造する際にはかなりの技術が求められていることが想像できます。

一体どのようにして製造されているのか気になり調べてみると、最初は熱した樹脂を型番に流し込みそれを固めて原型が作られていることがわかりました。たい焼きの作り方を彷彿とさせますね。

今回はこの樹脂加工機械を生産している東洋機械金属株式会社を紹介いたします。

こちらの会社では様々な種類の樹脂加工機械を製造しており、記憶装置の生産機械以外にも多くの用途に対応した機械を販売しています。

例えば食品トレーを製造する機械や、自動車のパーツを製造する機械も取り扱っており、近年では電気自動車の製造に利用するパーツを作るための機械の需要が高まっているそうです。

記憶装置や自動車も時代とともに変化していきますが、これらを作るための機械もそれに対応していることがわかりますね。

この会社は海外でのサポート体制に力を入れていくとのことなので、ここでも日本の技術が世界で活躍する姿が見られるかもしれません。今後の活動にも期待ですね。

近年、銀行業界のデジタル化が進み、店舗やATMが削減される一方で、通帳のない銀行口座や決済アプリなどが導入されているようです。私自身も以前から通帳レスの銀行口座を保有していますが、気軽に取引履歴の確認ができることや、通帳の管理からの解放などメリットを感じています。そんな中、キャッシュカードもレスした銀行があるらしいです。

ということで、今回は株式会社ふくおかフィナンシャルグループについて紹介します。

こちらの会社は、営業ネットワーク拡大によるサービス向上と、地域経済発展を実現するために誕生した地域金融グループです。グループ傘下には福岡銀行、熊本銀行、十八親和銀行などを持ち、地方金融機関としては国内最大規模といわれています。

さて、キャッシュカードもレスした銀行は、子会社の「みんなの銀行」という国内初のデジタルバンクです。口座開設から入出金、振り込みなど全てのサービスがスマートフォン上で完結する銀行で、ユーザーとともにみんなで新しい銀行のカタチを創造していくそうです。それに関連した取り組みとして、既にクリエイターの創作活動を支援するパートナー支店の開設や、地域のスポーツチームとファンを繋ぐCheer Boxの導入も行われているようです。

今までの銀行は、預貯金や振り込みする手段というイメージを持っていましたが、銀行のサービスを通して誰かを応援する新しい時代になりつつあるのだと感じました。これからの新しい銀行がどのように進化していくか期待したいです。

皆さんはペンキなどの塗料の役割をご存じでしょうか。実は見た目を鮮やかに彩ることだけが塗料の役割じゃないんです。それ以外にも塗料は、外壁や家具を長持ちさせたり、耐熱性や撥水性を強化したり、防カビや抗菌効果を付与したりと、様々な目的のために活用されています。

日本特殊塗料株式会社は1929年の設立以来90年以上にわたって、このように様々な役割を持つ塗料を作り続けています。同社の最初の製品は航空機用塗料。当時まだ研究中だった金属製の航空機を見据えて開発したそうです。強い紫外線や急激な温度変化、強い雨風や空気抵抗といった特殊な環境下で活動する機体を守る塗料の開発から始まり、その技術を基盤に、様々な塗料を開発してきました。

なんとその中には、塗装することで防音効果を発揮する塗料もあります。そんな防音塗料の開発以来、同社は防音材メーカーとしても活躍しています。そこで扱われるのは塗料だけではありません。特に車の防音対策に関わる部品は数多くの自動車メーカーで採用されており、自動車部品事業は塗料事業とともに同社の二本柱となっています。

特定の領域で強みを持って事業を行っていたら、強みが派生してさらなる事業へとつながっていく。企業が成長していく上で一つ大切な考え方かもしれませんね。

皆さん先週はみずがめ座流星群は見られましたでしょうか。私はぐっすり眠りについてしまい、見ることはできませんでした

先週は人工衛星をテーマに話しましたが、私は学生時代に友人に付き添い、とある大学の人工衛星からの信号を受信して聞いたことがあります。人工衛星が真上を通る日の夜、大きなアンテナと受信機を使い、周波数を調整して電波の受信を試みました。そして、信号がスピーカーから流れた瞬間、とても嬉しかった記憶があります。

ということで、今回は、無線通信機器を取り扱いされているアイコム株式会社について紹介します。

この会社は無線通信機器、ネットワーク機器を製造、販売している会社です。私たちの身の回りでは、地域の防災無線や、駅、空港の業務用の無線機、地域の防災無線で利用されているそうです。個人向けには、アマチュア無線やトランシーバの無線機などを販売しているそうです。

今回こちらの会社を調べてみて、久しぶりにアマチュア無線に興味を持つきっかけになりました。今度は、1人で交信できるように、アマチュア無線の免許取得に挑戦してみようかと思います。

アーカイブ

Kmonos(クモノス)ブログについて

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031